• ホーム
  • ニコレットを噛みながらアルコールを飲んだ時の影響

ニコレットを噛みながらアルコールを飲んだ時の影響

煙草にはニコチンが含まれています。
煙草を吸うと、肺に煙とともに入ったニコチンが血液中に吸収され、脳内のニコチン受容体に届き、この受容体と結びつくことでドパミンと言う物質が出てきます。
ドパミンが出て来ると、人は気持ちが良くなり、また煙草を吸って気持ちよくなりたいと思って、たばこを手にします。
これを繰り返すことで、ニコチン依存症となっているのです。

ニコチン依存症となって、そこから脱却するには、たばこを吸いたくなったら禁煙ガム(ニコチンを含んだガムで、例えばニコレットと言うのが市販されています)を噛み、煙草のニコチンの代わりにニコチン受容体と結びつくニコチンをガムで補給するのです。

そうすることで、禁煙の離脱症状のイライラ、不安、身体がだるい、眠いなどの症状を味わう事なく楽に禁煙が出来るのです。
ニコレットの使用量を少しづつ減らしてゆき、1日1~2個になったら、ガムをかむのを止めましょう。
ガムを止めるのは3カ月を目処としましょう。
その時、身体はニコチンへの依存症を脱却していますから、禁煙が出来るのです。

人は時にはアルコールを飲みながら煙草を吸うときがあります。
禁煙を志した場合、アルコールを飲んでいると、気が緩み煙草に手を出さないとは限りません。
そんな時はニコレットを噛んでください。
お酒を飲もうと思ったなら、ニコレットをいつも持っている事をお勧めします。

ただ、大切な事はニコレットを噛みながら、アルコールは飲まないでください。
ニコレットガムを噛みながらアルコールを飲むと放出されたニコチンが胃に流されてしまう事があります。
また、アルコールは酸性飲料ですので、ニコチンの吸収に影響を与え、ニコレットの効果を弱めてしまう事があります。

関連記事
日本での禁煙方法のマルマン禁煙パイポとニコレット 2020年04月23日

たばこの禁煙を考えた場合に、日本では広く普及されている方法としてマルマンが出している禁煙パイポと、ニコチンの代替摂取を目的としたガムのニコレットがあります。 禁煙パイポは、マルマンが販売している禁煙グッズで、仕組みとしてはたばこを模したパイプのフィルター部分に香料を仕込んでおり、これを吸うことで喫煙...

禁煙の治療法とニコレットの表示について 2020年03月24日

近年になって禁煙治療と言う言葉が多く使われるようになってきています。自分の意思だけではなかなか止めることができない喫煙習慣ですが、最近では禁煙をサポートする禁煙補助薬は数多く登場しています。ニコチンガムの1種であるニコレットもそのうちの1つです。このニコレットはいわゆるガムですのでなんとなくわかるよ...

グループ分けでテストするニコレットの効果 2020年02月18日

タバコを吸うと言う事には様々な害があるという事はほとんどの人が理解していることです。しかしそれでもタバコ止めることができない人も大勢います。この背景にはタバコに含まれるニコチンに依存性があるということが関係しており、人によっては子の依存性から抜け出すことが難しいケースも存在しています。やめようと言う...

人間ドックで禁煙を勧められたらニコレットが有効 2020年01月17日

人間ドックは定期的に行うと、自分の身体の中のことを把握することができ、さまざまな病気が発見できます。長年タバコを吸っていると、病気の危険性を指摘されることがあり、禁煙を勧められることもあります。喫煙する行為は身体を蝕んでいくので注意が必要で、喫煙の習慣が長いという人はリスクが高くなっていきます。タバ...

ニコレットで効果がない場合 2020年01月01日

人間の脳の中には、ニコチンが結合すると快感を感じる受容体があります。煙草を吸うと肺から血液中にニコチンが入り、脳に達して、この受容体と結びつきドパミンを放出します。ドパミンが放出されると、人は快感を感じ、もう一度煙草を吸いたくなります。煙草を吸い続けると、煙草がないとイライラなどの離脱症状(禁断症状...

ニコレットの効果的な使用法 2019年12月12日

禁煙グッズは嫌煙の世の中で市民権を得ていますが、その中でもよく知られているのがテレビのコマーシャルでもよく見かけるニコレットです。たばこに含まれるニコチンは脳内の神経伝達物質によく似た働きをするため、喫煙者はニコチンが切れたことで、たばこを吸って一時的に快くなったり、気分が活性化されたりするのです。...