• ホーム
  • ニコレットで効果がない場合

ニコレットで効果がない場合

灰皿の中にあるタバコのフィルター

人間の脳の中には、ニコチンが結合すると快感を感じる受容体があります。
煙草を吸うと肺から血液中にニコチンが入り、脳に達して、この受容体と結びつきドパミンを放出します。
ドパミンが放出されると、人は快感を感じ、もう一度煙草を吸いたくなります。
煙草を吸い続けると、煙草がないとイライラなどの離脱症状(禁断症状)が現れます。
体に害のある煙草を止めるには、煙草が吸いたくなった時に、ニコレットのようなニコチンガムを噛んで、体内にニコチンを入れ、その量を少しづつ減らして、ニコチンからの離脱を測るか、ニコレットパッチのように皮膚からニコチンを吸収させて、体内にニコチンを入れ、少しづつ体内に入るニコチンの量を減らしてゆき、ニコチンがなくても生活できるようにするか、このどちらかの方法で禁煙をはかります。
しかし、なかにはニコレットでは効果がない場合もあります。
その時は医療機関にかかり医師にチャンピックスを処方してもらいます。
チャンピックスは、ニコチン受容体に結び付いて、ニコチンが結び付いたより少しのドパミンを放出させますので、ニコチン切れの症状を軽くします。
さらに、ニコチンがこの受容体と結びつくのを邪魔するために、禁煙中に一服してしまっても「おいしい」と言う気持ちを感じさせにくくします。
この薬は禁煙の予定の1週間前から飲み始めます。
この薬服用8日目から禁煙を始め、12週間続けることで、2人に1人が禁煙に成功しています。
途中で、この薬を止めると、禁煙の成功率が落ちてしまいます。
注意すべき事は、チャンピックスを飲んでいるときは、ニコレットを使用してはいけない事です。
それと、めまいや眠気が起きる場合がありますので、チャンピックスを使用中は自動車の運転はしないでください。
また、購入方法ですが、チャンピックスはネットでも購入することができます。
ネット通販にも多くありますが、個人で個人輸入する場合は代行サービスを行っている通販サイトから買うといいでしょう。
個人輸入の初心者には安心して購入ができます。

関連記事
人間ドックで禁煙を勧められたらニコレットが有効 2020年01月17日

人間ドックは定期的に行うと、自分の身体の中のことを把握することができ、さまざまな病気が発見できます。長年タバコを吸っていると、病気の危険性を指摘されることがあり、禁煙を勧められることもあります。喫煙する行為は身体を蝕んでいくので注意が必要で、喫煙の習慣が長いという人はリスクが高くなっていきます。タバ...

ニコレットの効果的な使用法 2019年12月12日

禁煙グッズは嫌煙の世の中で市民権を得ていますが、その中でもよく知られているのがテレビのコマーシャルでもよく見かけるニコレットです。たばこに含まれるニコチンは脳内の神経伝達物質によく似た働きをするため、喫煙者はニコチンが切れたことで、たばこを吸って一時的に快くなったり、気分が活性化されたりするのです。...